お茶の淹れ方

煎茶の淹れ方
玉露の淹れ方
味ざんまい・雁ヶ音・ほうじ茶・玄米茶・番茶の淹れ方

煎茶の淹れ方

さわやかな香りと甘味のある煎茶。湯の温度は上級茶で70℃、中級(並級)茶で80〜90℃くらいが適しています。
二煎目も美味しくいれるために急須の中にお湯を残さないのがポイントです。
人数分の茶碗にお湯を
八分目まで注ぎます。
(2杯分)
お茶の葉を急須に入れる。
一人分で3g、二人分で5〜6gの
茶葉を入れる。
湯冷まししたお湯を
急須に注ぐ上級茶なら2分、
並級茶なら1分待つ。
お茶を茶碗に注ぐ、分量は均一に、
濃淡のないように「廻し注ぎ」
(各茶碗に少しづつ注ぎ分ける)をする。
注ぎきったらおしりを軽くたたき、
茶葉をひっくりかえす、
最後の一滴までそそぎきる。

玉露の淹れ方

甘く柔らかな味わいと豊潤な風味の玉露。特有のうま味を出すには、
50〜60℃まで冷ました湯でゆっくりと淹れるのがポイントです。二煎目は少し熱めの湯で風味の変化を楽しんで下さい。
急須にお湯を注いで冷ます。
急須のお湯を茶碗に注ぐ
各茶碗に30cc程いれ、
残ったお湯は捨てる。
お茶の葉を入れる
2人分で約8g大さじ山もり一杯分。
茶碗のお湯を注いでお茶が
浸出するのを待つ
2分半を目安。
お茶を茶碗に注ぐ
分量は均一に、濃淡のないように、
廻し注ぎをする。
注ぎきったらおしりを軽くたたき、
茶葉をひっくりかえす。
最後の一滴までそそぎきる。

味ざんまい・雁ヶ音・ほうじ茶・玄米茶・番茶の淹れ方

香ばしさと煎茶の旨みが凝縮し、口に入れた瞬間、味の深みを感じる味ざんまい。
さらっとした味や香りが特徴の番茶やほうじ茶。
湯冷ましせずに熱湯を急須に直接注ぎ、30秒位で注ぎ分けます。茶碗は厚手で大きめのものがよいでしょう。
お茶を急須にいれる
3人分で10g(大さじ2杯分)
熱湯を急須に注ぐ
お湯の量は多すぎないように
気をつけて。
お茶を茶碗に注ぐ。
分量は均一に、濃淡のないように
「廻し注ぎ」をする。
注ぎきったらおしりを軽くたたき、
茶葉をひっくりかえす。
最後の一滴までそそぎきる。